ゴルフはアクシデントの多いスポーツですよね…。

例えば素振りをした時、偶然ボールに当たってしまった…なんてことありますよね?

この場合の処置やペナルティはどうなるの?

そこで今回は、素振りでボールに当たったりボールが動いた場合の処置について説明させていただきますね!

スポンサーリンク

ゴルフの新ルールで素振りでボールに当たって動いた時のペナルティは?

こんにちは!BUNTAです!

ゴルフのラウンド中、素振りのつもりが偶然、「コツンッ」とボールに当たってしまったという光景を目にすることがあります。

新ルールでは打つ意思がなかった場合は無罰だって言うし、素振りで打つ意思がなかったのだからこれはノーペナルティだよね?と、思いがちですが…

“素振りでクラブが球に当たって球が動いた場合は1ペナルティが発生します!”

1ペナルティを課して元の位置にリプレースしてプレーを続行しなければいけません。
(元の位置に戻さなければ誤所からのプレーなので注意!)

確かに、2019年のルール改正以降、打つ意思がなくて動いた球についてはノーペナルティと改正されました。

ですが、これは打つ意思以前に、“球の動いた原因がプレーヤー自身にあったか”というルールに基づきます。

新ルールでは、球を動かしたことの判断基準が改正され、その原因が、プレーヤーと局外者という二つに分類されるようになりました。

つまり、素振りをして動いた球というのは、“球を動かしたのがプレーヤー本人であるということ”“球を打つ意思がなかった”という“プレーヤーが何らかの理由で球を動かしたという判断になる”ため、1ペナルティが発生するのです!

ちなみに、球を捜索中に偶然球を動かしてしまった場合は少しルールが変わるので興味のある方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね!

ゴルフの新ルールで素振りで偶然ボールが動いた場合は?

では、素振りをしていた時、クラブが球に当たっていないけどに球が偶然動いてしまったという場合も、ペナルティが課せれられるのでしょうか?

この場合の正解とは、“無罰の場合がある”ということ。

これについては少し詳しく解説していきたいと思います。

ボールが動いた原因が局外者の場合

例えば、ボールが動いた原因が他のプレーヤーや動物や風で飛んできた木の枝の場合はノーペナルティとなります。

新ルールでは、ボールが動いた原因が自分以外の場合はペナルティが課せられないというのが見解です。

素振りをしていたら飛んできた木の枝で球が動いた!という場合は、ペナルティがありません。

ただし!ここで注意点があるのですが、“局外者によって動かされたボールは元の位置にリプレースしなければ誤所からのプレーとなり、2打罰が課せられる”ので注意しましょう!

ボールが動いた原因が風や自然の場合

素振りをしている時に突発的な風が吹いて…や、傾斜などが原因でボールが動いた場合もノーペナルティでプレーすることができます。

ただし、一つ注意点があります。

風や傾斜といった自然は局外者ではないという判断となるため、ボールは転がって止まった位置からプレーを再開となることを覚えておきましょう!

これを局外者が動かしたと判断してしまった場合も、誤所からのプレーとなるので注意しましょう。

素振りのターフがボールに当たって球が動いた場合

特殊な例かもしれませんが、ボールの後方で素振りをしていたら素振りで取ったターフがボールに当たりボールが動いたというケースも…

ここまで読まれた方ならこの場合の処置はもうお分かりですよね!

この場合は、ボールの動いた原因はプレーヤーにあるため、打つ意思がない状態で球が動いたとみなされ、“1ペナルティで元の位置にリプレース”が正解です!

ちなみに、素振りの時、クラブが地面に当たった振動で球が動いた場合もこれと同じルールを適応するので覚えておきましょう!


スポンサーリンク

ゴルフのテーショット時に素振りで球が落ちた場合は?

打つ意思がなくても球が動いた原因がプレーヤーであった場合は1ペナルティということでした…じゃあ、ティーイングエリア(旧ティーグラウンド)でも素振りで球がティから落ちたらペナルティなの?と疑問が浮かびます。

以前までならこの場合、球はインプレーではないからノーペナルティで再度ティアップすることが可能というルールでした。

これは旧ルールと同じく、素振りである場合はインプレーの球ではないため罰則なしで一打目から再開することができます。

つまり、素振りの風圧でも、ボールにクラブが当たってしまった場合でもノーペナルティで一打目から再開することができますね!

ただし、これが空振りであった場合はまた違った見解となるため注意が必要です!

【参考記事】テーショットでの空振りのルールはこちら▽

素振りは遠くでしよう

いかがでしたか?

とにかく!ボールに影響をもたらすほどの距離で素振りをすれば少なくとも球が動く可能性があります。

なので、素振りはできるだけ球から離れてするに越したことはない!解くことを肝に銘じること!

自分が損をしないようにしましょう!

【おすすめ記事】空振りでのペナルティについてのルールはこちら▽



Golf Addict Club by GOLF GUTSでは質問やご要望等も受け付けています。
ゴルフのことでこれ気になる!という方は、メッセージフォームから受け付けておりますのでご質問、ご要望等お待ちしております!

スポンサーリンク