マスターズゴルフ2021の賞金配分一覧 日本人出場選手は?

2年ぶりに春のオーガスタに戻ってきたゴルフの祭典「マスターズ」は今年で85回目の開催を迎える。

これまで前例のない11月開催となった昨年大会から5ヶ月、例年よりも制限されているとはいえパトロンも迎え入れグリーンジャケットをかけた戦いが8日から開幕する。

【速報】マスターズ2021の最終結果と賞金配分はこちら▽

スポンサーリンク

マスターズゴルフ2021の賞金配分一覧

Embed from Getty Images

昨年大会から5ヶ月と最も短い期間で開催されるマスターズ2021(オーガスタナショナルGC(ジョージア州)7475yd・パー72)が4月8日から11日にかけて開催される。

マスターズの賞金は例年大会3日目の土曜日に発表される。賞金総額はすでに報じられており2021年の賞金総額は$11,500,000(約12億5700万円)となる。

なおPGAツアーの配分率による賞金配分は以下の通りとなる。

スポンサーリンク

マスターズ2021日本人出場選手は松山ただ一人

Embed from Getty Images

今回のマスターズは出場する日本人選手はアマチュア時代の2011年大会以降、キャリア10回目の参戦となる松山英樹ただ1人となる。出場する日本人選手が1人だけなのは5年ぶりで、これにはコロナ渦で昨年多くの大会が中止された影響から出場選手の選出も限られたという背景がある。

また2019年の覇者、マスターズでも多くの記録を保持するタイガー・ウッズは2月に交通事故を起こして重傷を負った影響で今大会には出場しない。

また史上最も期間の短いでフェンディングチャンピオンとして挑むダスティン・ジョンソンは世界ランキング1位をキープしたまま連覇に挑戦する。

昨年大会から5ヶ月、日本人初優勝の期待を一身に背負い松山がキャリア10回目の世界最高の舞台マスターズに挑む。



Golf Addict Club by GOLF GUTSでは質問やご要望等も受け付けています。
ゴルフのことでこれ気になる!という方は、メッセージフォームから受け付けておりますのでご質問、ご要望等お待ちしております!

最新情報は公式ツイッターをフォローしてチェック!

Golf Addict Club公式ツイッターはこちら▽


スポンサーリンク