ゴルフ観戦の服装のマナー ジーパンにTシャツでもOK?短パンでも大丈夫?

憧れのプロのプレーを間近に味わうことのできるゴルフのトーナメント観戦。その臨場感あふれるツアープロのプレーと会場のギャラリーの一体感は格別なものです。

ただ、ゴルフ観戦初心者が会場に行く前に気になるのが、ゴルフ観戦の服装のマナーですよね。服装のマナーが厳しいゴルフですが、ゴルフ観戦も同じく厳しいのでしょうか?

そこで今回は、ゴルフ観戦の服装のマナーについてお話しさせていただきますね。

スポンサーリンク

ゴルフ観戦は服装のマナーも厳しい?

こんにちは!GACライターのBUNTAです!

マナーや服装が厳しいことでも知られているゴルフですが、プロのトーナメント観戦の時の服装のマナーも厳しいのでしょうか?

ゴルフのトーナメント観戦では、ギャラリーの服装はゴルフのプレー時ほど厳しくありません。むしろ動きやすい服装なら基本的にはなんでもOKなのです。

例えば日本のツアーで見かけることはありませんが、海外のトーナメントでは着ぐるみや仮装してゴルフ観戦を楽しむギャラリーの方も多いのです。

ゴルフ観戦においてギャラリーが気をつけなければいけないのは服装よりも観戦マナーです。観戦マナーについては以下の記事を参考にしてみてください。

ゴルフ観戦の服装はジーパンにTシャツでも大丈夫?

ゴルフ観戦ではギャラリーの服装に制限はない

とはいえ、ゴルフは紳士のスポーツと言われていますね。さすがに最低限のマナーはあるのでは?と考えてしまうかも知れませんよね。

ゴルフ観戦はギャラリーはプレーするわけではないのでゴルフウェアである必要はありません。例えば、ゴルフのプレーでは絶対にNGの服装にデニムのジーパンにTシャツの組み合わせがありますが、ゴルフの観戦ではジーパンにTシャツでもOKです。

ただし、ゴルフ観戦は公共の場ということもあるので、女性のギャラリーの方の肌の露出の激しい服装は常識の範囲で控えるようにしましょう。

もちろん、ゴルフウェアでの観戦もOKです。好きな服装で観戦しましょう!


スポンサーリンク

ゴルフ観戦で履いて行く靴はゴルフシューズは控える

ゴルフ観戦ではギャラリーの靴も特に制限はなくスニーカーやサンダルでもOKです。

逆にフェアウェイを横断することを考慮し、芝を痛めないためにゴルフシューズは控えた方がいいという意見も。例えば、ゴルフバッグを担ぐプロキャディの方たちも芝を傷めないためにゴルフシューズを着用していないのです。

自分の歩きやすい靴で、芝を傷めないものを選びましょう!

観戦時の帽子は必需品

ゴルフ観戦に服装の制限はありませんが、ギャラリーのほとんどの人が帽子を被っています。

ゴルフ観戦中は、基本的にはギャラリーはずっと屋外でのゴルフ観戦になります。炎天下でのゴルフ観戦となるため、熱中症や熱射病で倒れてしまったというギャラリーの方もちらほら見かけます。熱中症、熱射病対策のため、帽子は必ず持って行くようにしましょう。

ゴルフ観戦の服装は短パンなどラフな格好でもOK!

ゴルフ観戦の服装は短パンにビーチサンダルといったラフな格好でも基本的にはOKです。ただ、ゴルフ場は全長7キロ以上のコースがほとんどです。長距離を歩くのに不向きなサンダルはあまりおすすめしません。

おすすめなのは長距離を歩くことを想定したハイキングやピクニックに行くような服装がゴルフ観戦には向いていると言えるでしょう。



Golf Addict Club by GOLF GUTSでは質問やご要望等も受け付けています。
ゴルフのことでこれ気になる!という方は、メッセージフォームから受け付けておりますのでご質問、ご要望等お待ちしております!

最新情報は公式ツイッターをフォローしてチェック!

Golf Addict Club公式ツイッターはこちら▽


スポンサーリンク