2019年のゴルフのルール改正では、バンカーに関するルールが多く変更されました。

ただ、バンカーショットをする際にボールの手前でソールをすることはで今でも禁止されていますよね。

でも、これがバンカーにできた水たまりや積もった雪の場合であっても、その水や雪に触れることはできないのでしょうか?

そこで今回は、ゴルフの新ルールでバンカーの水たまりや雪にソールした場合についてお話してさせていただきますね!

スポンサーリンク

ゴルフの新ルールでバンカーの水たまりや雪にソールしたら?

こんにちは!BUNTAです!

2019年のルール改正に伴い、バンカー内のボールとは関係のない場所の砂や、小石や枯葉などを取り除くことができるようになりました。

でも、これがバンカー内の水たまりや積もった雪はどうなんでしょうか?

球がバンカー内にある時でも、ルール上ではバンカー内の水たまりや雪へのソールは無罰です。

これは、ボールにアドレスをした状態で触れた場合であっても無罰であり、雪であれば砂に触れなければ取り除くことも可能です。

ちなみにこれは旧ルールであっても同じく無罰でした。

ただし、水たまりと雪では受けることのできる救済が異なる場合があるので注意しましょう!

ルースインペディメントと一時的な水

ゴルフのルール規則における水たまりと雪の定義は以下のようにされています。

  • 水たまりは一時的な水(異常なコース状態)とする
  • 雪は一時的な水(異常なコース状態)もしくはルースインペディメントか選択できる

一時的な水は新ルールでは異常なコース状態という複数の統一された項目の一つとされるため、そのまま打つ(水面にソールして打てる)か、救済を受けることができます。(バンカー内で救済を受ける場合はバンカー内にドロップ)

なぜ水面にソールしても良いのかということをわかりやすく説明すると、異常なコース状態の項目には、カート道路や排水溝といった動かせない障害物も含まれています。

カート道路や排水溝から直接打つときソールしてはいけないというルールはないですよね?水たまり(一時的な水)はこの動かせない障害物と同じ扱いになるのでソールしても問題ないということです。

また、雪は一時的な水(異常なコース状態)かルースインペディメントの選択ができるということでした。

ルースインペディメントはルール規則15.1aで”コースのどこであっても触れたり取り除いたりできる“とあるので、雪をルースインペディメントと選択しても一時的な水と選択しても、積もった雪の上にソールすることができます。

この選択には、雪は一時的な水(異常なコース状態)として救済を受けるか、ルースインペディメントとして取り除くことが可能という意図がありますね。

どちらを選択したとしても水や雪にソールしてはいけないというルールはないのでバンカー内の水や雪はソールすることができるのです。

ちなみにルースインペディメントを取り除いた時にボールが動いたら1打罰で元の位置にリプレースなので雪を取り除く時は注意して取り除きましょう!

スポンサーリンク

ゴルフの新ルールにおけるバンカー内のソールの定義!

新ルールではバンカー内におけるソールの定義の文言の変更がされています。

このことで、バンカー内で触れることができるものと触れてはいけないものの区別が明確になりました。

新ルールでバンカー内でソールが禁じられているのは?

新ルールでバンカー内でのソールを禁じているのは以下の通りです。

以下ルール規則12.2bより抜粋。

12.2bバンカーの砂に触れることに関する制限
(1) 砂に触れた結果、罰を受ける場合。バンカー内の球に対してストロークを行う前に、プレーヤーは次のことをしてはならない:
・ 砂の状態をテストしたり、次のストロークについての情報を得るために手、クラブ、レーキ、その他の物でそのバンカーの砂に故意に触れること。または、
次のときにクラブでそのバンカーの砂に触れること(を禁じる)
・球の直前、直後の区域に触れるとき。
・練習スイングを行うとき。または、バックスイングを行うとき

引用:http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/image/Rules_2019.pdf

これをわかりやすくまとめると、

  • バンカー内の砂の状態を確かめるために故意に砂に触れてはいけない
  • 球の前後の“砂”に触れてはいけない
  • 素振りで砂に触れてはいけない

ちなみに旧ルールでは「地面に触れる」ことだったのが、新ルールでは「砂に触れること」に変更されていますので、雪や水にソールすることは規則12.2bに抵触しません。

砂に触れても無罰な場合が追加された

もちろん、新ルールにおいてもバンカーショットをするためにボールの直前にクラブを構えた時に砂にソールすることは禁じられています。

ただし、2019年のルール改正では、ボールに関係のないところならば砂にソールしてもペナルティにはならないという項目が追加されました。

以下ルール規則12.2より抜粋。

(2) 砂に触れた結果、罰を受けない場合。ただし、(1)で扱われている場合を除き、この規則はプレーヤーがどのような方法でもそのバンカーの砂に触れることを禁止していない。例えば:
・練習スイングや、そのストロークのためのスタンスをとるために足を潜り込ませること。
・コースの保護のためにバンカーをならすこと。
・クラブ、用具、その他の物をバンカーに置くこと(投げる、または置くことによってのいずれの場合でも)。
・規則に基づいて、計測すること、マークすること、拾い上げること、リプレースすること、他の行動をとること。
・休むため、バランスを保つため、転ぶのを防ぐためにクラブに寄りかかること。または、
・イライラして、または怒って砂を叩くこと。
しかし、その砂に触れるプレーヤーの行動が規則8.1aに違反してストロークに影響を及ぼす状態を改善した場合、そのプレーヤーは一般の罰を受ける(プ レーに影響を及ぼす他の物理的な状態を改善する、悪化させることに関する 制限については規則8.2と規則8.3を参照のこと)。

引用:http://www.jga.or.jp/jga/html/rules/image/Rules_2019.pdf

つまり、“バンカー内のボール付近以外で悪意がなければクラブを地面につけてもペナルティにはならない”ということですね。

水たまりや雪は砂にソールしなければ無罰!

いかがでしたか?

解説が長くなってしまったのでバンカー内の水たまりや雪の定義を簡単にまとめると、

  • バンカー内の水たまりの水面や雪は砂に触れなければソールできる
  • 雪は取り除くことができる
    (ただし取り除いて球が動いたら1ペナ)
  • 水たまりも雪も救済を受けることができる
    (バンカー内にドロップ)
ということです!

水たまりにしても雪にしてもソールした時にその下にある砂に触れてしまった場合は2打罰となるのでソールする時は注意しましょう!

まあ、リスクを避けるためには水たまりも雪もバンカー内では救済を受けるのが最善策と言えますよね!

あまり深く考えず、救済を受ける選択をしましょう!



Golf Addict Club by GOLF GUTSでは質問やご要望等も受け付けています。
ゴルフのことでこれ気になる!という方は、メッセージフォームから受け付けておりますのでご質問、ご要望等お待ちしております!

スポンサーリンク