AIG全英女子オープン2020の出場資格 日本人選手の出場は?

無観客での開催が決定した今季最初の海外女子メジャー「AIG全英女子オープン」(2020年8月20日〜23日/スコットランド・ロイヤルトルゥーンGC)の出場資格が公表された。

昨年覇者の渋野日向子への注目が大きく集まるが、日本からは他に誰が出場資格を得ているのか。大会応募締め切り7月16日を直前におさらいしておきたい。

スポンサーリンク

AIG全英女子オープン2020の出場資格

Embed from Getty Images

新型コロナの影響で日本女子ツアーも開幕戦から開催の中止が続き、一時は全英女子オープンの開催も危ぶまれていましたが、7月7日、ギャラリーを入れない無観客での大会の開催が決定しました。

ツアーの中止が続き、出場資格も変則的となることが予測されていたためどの選手に出場権が与えられるかもわからない状況が続いていましたが、開催の正式な決定とともに出場資格も公表されました。

AIG全英女子オープンゴルフ2020の出場資格は以下の通りとなっています。

  • 2020年8月23日時点で60歳以下の全英女子オープンゴルフ選手権の過去の優勝者(ただし現役の公認のツアーメンバーであること)
  • ウォーバーンで開催されたAIG全英女子オープンゴルフ選手権2019の上位10位タイまでの選手
  • 欧州女子ツアーの2019年のオーダーオブメリット上位15選手
  • 2020年6月29日時点でLET Race to Costa del Solから有資格者を除く上位5選手
  • 2019年のLPGAツアーの賞金ランキング上位30選手
  • 2020年6月29日時点でLPGA Priority Listから有資格者を除く上位35選手
  • 2020年6月29日時点での2020年LPGAツアーの賞金ランキングから有資格者を除く上位5選手
  • 2020年のロレックスランキング(3月16日時点)の上位50選手
  • 2019年のJLPGA(日本女子ツアー)の賞金女王
  • 2019年のJLPGA(日本女子ツアー)の賞金ランキングから有資格者を除く上位5選手
  • 2019年のKLPGA(韓国女子ツアー)の賞金女王
  • 2020年6月29日時点のKLPGA(韓国女子ツアー)の賞金ランキングから有資格者を除く上位2選手
  • 2020年にLETまたはLPGAツアー公認のツアーイベントの優勝者(この資格は受付締め切り後の資格保持者の出場辞退に変わって決定されます)
  • 2016年から2020年までの全米女子オープンの優勝者
  • 2016年から2020年までのANAインスピレーションの優勝者
  • 2016年から2020年までのKPMG女子PGA選手権の優勝者
  • 2015年から2020年までのエビアン選手権の優勝者
  • 2020年のマラソンクラシックbyDanaから有資格者を除く主要5選手(この資格は受付締め切り後の資格保持者の出場辞退に変わって決定されます)
  • 2020年のアバディーン・スタンダード・インベストメント女子スコットランドオープンから有資格者を除く主要3選手(この資格は受付締め切り後の資格保持者の出場辞退に変わって決定されます)
  • 2019年の全米女子アマチュアゴルフ選手権の優勝者、2019年のマコーマックメダルの受賞者、2020年のアジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権の優勝者、2020年の全英女子アマチュア選手権の優勝者、2020年の欧州女子アマチュアゴルフ選手権の優勝者、2020年度第25周付けのGB&Iが発表するゴルフ世界女子アマチュアランキング1位の選手(ただし大会出場時点でアマチュアであること)
  • 2019年のAIG全英女子オープンゴルフ選手権で資格を得ていたが出産のため出場しなかった選手
  • 出場の調整枠に該当する選手(2020年のアバディーン・スタンダード・インベストメント女子スコットランドオープンの順位により調整)
スポンサーリンク

AIG全英女子オープン2020の出場資格を得ている日本人選手

Embed from Getty Images

現在、AIG全英女子オープン2020への出場資格を得ている日本勢は以下の8人です。

  • 渋野日向子(歴代優勝者)
  • 畑岡奈紗(2019年米女子ツアー賞金ランキング18位)
  • 鈴木愛(世界ランキング(3月16日時点)14位)※出場しない意向
  • 河本結(2019年日本女子ツアー賞金ランキング6位)
  • 穴井詩(2019年日本女子ツアー賞金ランキング7位)
  • 小祝さくら(2019年日本女子ツアー賞金ランキング8位)
  • 上田桃子(2019年日本女子ツアー賞金ランキング9位)
  • 勝みなみ(2019年日本女子ツアー賞金ランキング10位)
  • 稲見萌寧(2019年日本女子ツアー賞金ランキング13位)

昨年の大会覇者の渋野日向子に続き、畑岡奈紗がLPGAツアーの2019年度賞金ランキング上位30位の資格で、鈴木愛が3月16日時点での世界ランキング50位までの資格にて出場権を保有しています。

また、昨年の国内ツアー賞金ランキング上位5選手(有資格者を除く)の資格で河本結、穴井詩、小祝さくら、上田桃子、勝みなみ、稲見萌寧が出場権を得ています。なお、昨年の日本女子ツアーの賞金ランキングの上位5選手は上から鈴木愛、渋野日向子、申ジエ、ぺ・ソンウ、い・ミニョンだったが渋野と申は歴代優勝者枠、鈴木とペとイは世界ランキング枠での出場資格を得ているためこの5選手を除く賞金ランキング6位以下の5選手に出場権が繰り下げられています。

ただし、すでに出場権を得ている鈴木は英国入国時と出国時にそれぞれ2週間隔離されることなどを理由に出場しない意向を指名しています。現状では鈴木を除く7選手が出場する予定です。

渋野日向子は日本人初の海外メジャー連覇へ

Embed from Getty Images

国内外ツアーの中止が相次ぎそれが選手たちにどう影響するか、それが返ってどの選手にも優勝のチャンスがあるとも捉えることができると言えるのではないでしょうか?

また渋野にとっては日本人初の大会連覇の偉業の掛かったこの大会、無観客ながらも期待のできる試合展開に期待が高まります。



Golf Addict Club by GOLF GUTSでは質問やご要望等も受け付けています。
ゴルフのことでこれ気になる!という方は、メッセージフォームから受け付けておりますのでご質問、ご要望等お待ちしております!

最新情報は公式ツイッターをフォローしてチェック!

Golf Addict Club公式ツイッターはこちら▽


スポンサーリンク