AIG全英女子オープン2020出場選手一覧 日本人選手も続々参戦が決定

8月20日に開幕するAIG全英女子オープン2020(今年度からAIG女子オープンに名称が変更される)がコロナウイルス感染拡大の影響で多くの選手が続々と出場辞退を表明するなか、R&Aは7月22日時点で出場を決めている選手を発表しました。

発表された出場選手の中には昨年度の大会覇者渋野日向子を含む6人の日本人選手がすでにエントリーを済ませています。

この記事では今回発表のあったAIG全英女子オープン2020の出場選手一覧を紹介しています。

スポンサーリンク

AIG全英女子オープンゴルフ2020の出場選手一覧

Embed from Getty Images

英R&Aは7月22日、今年度のAIG全英女子オープンへエントリーを済ませている選手111名の名前を発表しました。また、残りの枠(全部で144名の出場枠が用意されている)もエントリーが完了次第順次発表する予定です。

また同日22日、R&Aと米保険会社大手のアメリカンインターナショナル・グループはAIG全英女子オープン(AIG Women’s British Open)の名称を今年から「AIG女子オープン」(AIG Women’s Open)へと変更、また2023年までの5年間のタイトルスポンサー契約を2025年までと2年の延長をすることを発表しました。

今回発表のあった出場者には大会連覇のかかる渋野日向子のほか、畑岡奈紗、河本結、上田桃子、勝みなみ、稲見萌寧の6人の日本人選手がすでにエントリーを済ませて出場を表明しています。

現在出場を決めている選手一覧は以下の通りです。(2020年7月27日更新)

【AIG女子オープン2020出場選手一覧】

・マリナ・アレックス/Marina Alex(アメリカ)
・ブリタニー・アルトマーレ/ Brittany Altomare(アメリカ)
・アディティ・アショク/ Aditi Ashok(インド)
・カーリー・ブース/ Carly Booth(スコットランド)
・リナ・ボクビスト/ Lina Boqvist(スウェーデン)
・セリーヌ・ブーティエ/ Lina Boqvist(フランス)
・アシュリー・ブハイ/ Ashleigh Buhai(南アフリカ)
・ハンナ・バーク/ Hannah Burke(イギリス)
・チョ・アエン/ Ayean Cho(韓国)
・チョイ・へジン/ Hyejin Choi(韓国)
・チョン・インジ/In Gee Chun(韓国)
・カルロタ・ジガンダ/ Carlota Ciganda(スペイン)
・シドニー・クラントン/ Cydney Clanton(アメリカ)
・オリビア・コーワン/ Olivia Cowan(ドイツ)
・トンヤ・ダフィンルード/Tonje Daffinrud(ノルウェー)
・ディクシャ・ダガー/ Diksha Dagar(インド)
・ローラ・デービース/ Laura Davies(イギリス)
・マノン・デ・ロイ/Manon De Roey(ベルギー)
・ペリン・デゥラクール/ Perrine Delacour(フランス)
・ジェンマ・ドライバーグ/ Gemma Dryburgh(スコットランド)
・ジュリア・エングストーム/ Julia Engstrom(スウェーデン)
・ジョディ・エワート・シャドフ/ Jodi Ewart Shadoff(エギリス)
・ダーナ・フィンケルスタイン/ Dana Finkelstein(アメリカ)
・ローラ・フェニフストゥーク/Laura Fuenfstueck(ドイツ)
・サンドラ・ガル/ Sandra Gal(ドイツ)
・クリスティン・ギルマン/ Kristen Gillman(アメリカ)
・ハンナ・グリーン/ Hannah Green(オーストラリア)
・ジョージア・ホール/ Georgia Hall(イギリス)
・畑岡奈紗/ Nasa Hataoka(日本)
・キャロライン・ヘドウォール/ Caroline Hedwall(スウェーデン)
・ブルック・ヘンダーソン/ Brooke Henderson(カナダ)
・エスター・ヘンゼライト/ Esther Henseleit(ドイツ)
・セリーヌ・エルバン/ Celine Herbin(フランス)
・アリス・ヒューソン/ Alice Hewson(イギリス)
・ホイットニー・ヒラー/ Whitney Hillier(オーストラリア)
・チャーリー・ハル/ Charley Hull(イギリス)
・稲見萌寧/ Mone Inami(日本)
・ヌリア・イトゥリオス/Nuria Iturrioz(スペイン)
・アリヤ・ジュタヌガーン/ Ariya Jutanugarn(タイ)
・モリヤ・ジュタヌガーン/ Moriya Jutanugarn(タイ)
・ダニエル・カン/ Danielle Kang(アメリカ)
・勝みなみ/Minami Katsu(日本)
・河本結/ Yui Kawamoto(日本)
・クリスティ・カー/ Cristie Kerr(アメリカ)
・メーガン・カン/ Megan Khang(アメリカ)
・クリスティーナ・キム/ Christina Kim(アメリカ)
・キム・インキョン/ In Kyung Kim(韓国)
・キャサリン・カーク/ Katherine Kirk(オーストラリア)
・シャイアン・ナイト/ Cheyenne Knight(アメリカ)
・リディア・コ/ Lydia Ko(ニュージーランド)
・ジェシカ・コルダ/ Jessica Korda(アメリカ)
・ネリー・コルダ/ Nelly Korda(アメリカ)
・ジェニファー・クプチョ/ Jennifer Kupcho(アメリカ)
・ステフ・キリアコウ/Steph Kyriacou(オーストラリア)
・キャロライン・ランパード/ Karolin Lampert(ドイツ)
・ブリタニー・ラング/ Brittany Lang(アメリカ)
・ニコール・ブロック・ラーセン/ Nicole Broch Larsen(デンマーク)
・ブロント・ロー/Bronte Law(イギリス)
・リ・ミヒャン/ Mi Hyang Lee(韓国)
・ミンジー・リー/ Minjee Lee(オーストラリア)
・イ・ミニョン/ MinYoung2 Lee(韓国)
・カミラ・レンナース/ Camilla Lennarth(スウェーデン)
・ステイシー・ルイス/ Stacy Lewis(アメリカ)
・リン・シユー/ Xiyu Lin(中国)

スポンサーリンク

・ペルニラ・リンドベリ/ Pernilla Lindberg(スウェーデン)
・リウ・ユ/ Yu Liu(中国)
・ギャビー・ロペス/ Gaby Lopez(メキシコ)
・メーガン・マクラーレン/ Meghan MacLaren(イギリス)
・ナンナ・コルツ・マドセン/ Nanna Koerstz Madsen(デンマーク)
・レオナ・マグワイア/ Leona Maguire(アイルランド)
・キャロライン・マッソン/ Caroline Masson(ドイツ)
・カトリーナ・マシュー/ Catriona Matthew(スコットランド)
・アリー・マクドナルド/ Ally McDonald(アメリカ)
・ステファニー・メドウ/ Stephanie Meadow(北アイルランド)
・オリビア・ミハフェイ/ Olivia Mehaffey(北アイルランド) *アマ
・アサハラ・ムニョス/ Azahara Munoz(スペイン)
・エマ・ニルソン/ Emma Nilsson(スウェーデン)
・ヤーリミ・ノー/ Yealimi Noh(アメリカ)
・アンナ・ノルドクビスト/ Anna Nordqvist(スウェーデン)
・サンナ・ヌーティネン/ Sanna Nuutinen(フィンランド)
・スヒョン・オー/ Su Oh(オーストラリア)
・エイミー・オルソン/ Amy Olson(アメリカ)
・アニー・パーク/ Annie Park(アメリカ)
・パク・インビ/ Inbee Park(韓国)
・ジェリーナ・ピラー/ Gerina Piller(アメリカ)
・モーガン・プレッセル/ Morgan Pressel(アメリカ)
・メリッサ・リード/ Mel Reid(イギリス)
・ガブリエラ・ルッフェルズ/ Gabriela Ruffels(オーストラリア) *アマ
・マドレーネ・サグストロム/ Madelene Sagstrom(スウェーデン)
・リゼット・サラス/ Lizette Salas(アメリカ)
・アレーナ・シャープ/ Alena Sharp(カナダ)
・渋野日向子/ Hinako Shibuno(日本)
・ジェニー・シン/ Jenny Shin(韓国)
・マリアンヌ・スカープノード/ Marianne Skarpnord(ノルウェー)
・スニーク・スミット/ Monique Smit(南アフリカ)
・サラ・スミス/ Sarah Smith(オーストラリア)
・ジェニファー・ソン/ Jennifer Song(アメリカ)
・クララ・スピルコバ/ Klara Spilkova(チェコ)
・アンジェラ・スタンフォード/ Angela Stanford(アメリカ)
・リネア・ストローム/ Linnea Strom(スウェーデン)
・ティダパ・スワンナプラ/ Jasmine Suwannapura(タイ)
・シャーロット・トンプソン/ Charlotte Thompson(イギリス)
・レクシー・トンプソン/ Lexi Thompson(アメリカ)
・上田桃子/ Momoko Ueda(日本)
・アン・バン・ダム/ Anne van Dam(オランダ)
・リンジー・ウィーバー/ Lindsey Weaver(アメリカ)
・ウルスラ・ヴィクストローム/ Ursula Wikstrom(フィンランド)
・クリスティーネ・ウォルフ/ Christine Wolf(オーストリア)
・ヤン・ジン/ Jing Yan(中国)
・エイミー・ヤン/ Amy Yang(韓国)
・エンジェル・イン/ Angel Yin(アメリカ)

すでに複数日本人選手が出場を見送っている

今回の全英女子オープンでは出場資格発表直後に鈴木愛が帰国後の2週間の自主隔離を懸念し出場辞退しています。また、出場権を得ていた小祝さくらも日本ツアーへの専念を理由に出場辞退、また繰り上がりで出場権をえた原英莉花も25日に帰国後の自主隔離による調整が困難なことを理由に出場を見送ったことを発表しました。

新しく生まれ変わった全英女子オープン

Embed from Getty Images

無観客で行われる今大会はAIG女子オープンへと名称を変更した記念すべき最初の大会となるわけですが、つまり”全英女子”として最後に優勝したのは渋野日向子ということになります。

R&Aチーフエクゼクティブのマーティン・スランバース氏は「新しい名称は大会の成長と国際的な広がりを反映した結果だ」とより大会のグローバル化がこの変更をもたらしたと話しています。新しく生まれ変わったAIG女子オープンを制して渋野がグローバル化した全英最初の女王として連覇を成し遂げられるに注目です。



Golf Addict Club by GOLF GUTSでは質問やご要望等も受け付けています。
ゴルフのことでこれ気になる!という方は、メッセージフォームから受け付けておりますのでご質問、ご要望等お待ちしております!

最新情報は公式ツイッターをフォローしてチェック!

Golf Addict Club公式ツイッターはこちら▽


スポンサーリンク